育児と家事と趣味と読書(仮)

読んだ本を感想とともに紹介します。その他出産育児の経験談など。

授乳服は数枚あればなんとかなる、それより前開きボタン服とサロペットがオススメ

妊娠中に普通服が苦しくなり、必要最小限のマタニティ兼授乳服を買いました。

どんな授乳服が便利なのか当時はたくさん調べたので、私も経験談を語ります。

 

 産前産後に購入した授乳服

最も重宝したヘビロテ普段着→→→ジャンパースカート(授乳口つき)…1着

ヘビロテ下着→→→授乳口つきタンクトップ…3着、授乳ができるブラ…3着

宮参り用→→ベージュのシンプルワンピース(授乳口つき)

その他

リメイク→→ユニクロの安いエプロンワンピの脇を切り込みジッパーを縫い付ける

普通服→→マタニティ用ではない普通の前ボタンのシャツ、サロペット

普通下着→→ユニクロのキャミソールも首元を引っ張れば授乳可能。ヘビロテしました。

 

ジャンパースカート…

「古臭くない?」とはじめは思っていたけど、フロントをジッパーで開閉できる仕様(授乳可能)で腰ひもでウエストを調整でき、今どきのカジュアルテイストのデザインだったので重宝した。メーカーは通販の「ミルクティー」

ベージュのワンピ…

産後の宮参りはそこそこフォーマル服が必須で、私ももちろんそのつもりだった。かつて使っていた普通の「そこそこフォーマルワンピ」では授乳の時に困る。産後1~2か月の赤ちゃんはとにかく泣く(暑くて泣くし、寒くても泣く、空腹でも泣くし、満腹過ぎても泣くのだ)ので、そのたびにおむつチェックや授乳をするとなると授乳口のないワンピは避けたほうが良い。上下セパレートでもいいが、産後のウエストが太いままの時期はやっぱりワンピースが楽だと思う。写真撮影の時もこれでOK(それ以降に使うことはありませんでしたが…)

普段着用にニットの授乳服…

当時、季節は冬だった。素材がアクリルだったのですぐに毛玉が発生。ニットの中に重ねて着る裾にフリルがあしらわれたタンクトップもついていたけど、基本的に裾がひらひらしていて、冬だったのでおなかを冷しやすくあまり着れなかった。ただの無駄遣いだった。

 

授乳服以外の服での乗り切り方

前ボタンシャツとサロペットの活用

私はとことんサロペットを活用した。外出にはサロペット2着を着まわして、+前ボタンシャツとの重ねでばっちり。前ボタンを上からいくつか外して、サロペットの肩ひもをずらし、インナーを下にずらせば授乳可能。サロペットはぴっちりしたデザインではなくウエストに若干のゆとりがあり、トロミ素材のものをセレクトすれば体のラインも拾わず気楽でいられるし大人っぽい。産後の体形が戻った後も着られるし。赤ちゃんと外出する場所はやはり授乳室のある施設が多くなる。イオンモールやデパート、アウトレットなど。授乳室のあるスーパーもリサーチすると良い。あかちゃん休憩室があると安心してお出かけできる。そして授乳室はだいたい個室になっているので授乳ケープは必要ない。(誰も見ていないので胸が出ても大丈夫、安心して授乳できる)なので、授乳服を着ていなくても何とかなるもの。ちなみにサロペットの可愛さに魅せられ、その後もずーっとサロペットを愛用するようになった。

 

 リメイクしても良し

裁縫が好きなので、ユニクロでみつけたエプロンワンピを授乳服にリメイクした。脇の合わせを解き、コンシールファスナーを取り付けただけの簡単なもの。ぱっと見は普通のワンピースだけど授乳の時はファスナーを開けて授乳できる仕様。レギンスやタイツと合わせるとお気楽ファッションになる。百貨店へ行く時や出勤時でなければこれくらいラフでOK!

 

おまけ

マタニティ時期にパンツも購入してました。無印良品の黒のストレッチパンツと色違いの茶色。マタニティ用です。こちらも2着をヘビロテで乗り切りました。授乳服って一時的なものだからたくさん買うと出費がもったいない。なので私はミニマムにして使い倒す派です。