働きながら育児する(仮)

働きながら奮闘中の育児ライフについて、本や趣味について。モットーは「笑いながら、時間に余裕をもちながら」。

マタニティ期/産褥期~授乳期夜用のブラ 実際に購入使用したマタニティブラと授乳ブラたち

今回はブラにスポットをあてた記事を書きます。

 

妊娠から授乳期まで、いくつかのブラを使用してきましたので一つずつ紹介します。といっても大した話ではないので恐縮です。

 

妊娠期~産前のブラ -ワコールのブラー

妊娠がわかってから体がどんどん変化します。胸が大きくなります。すぐに、それまで使用していたブラでは苦しくなり、日常生活もままならなくなると思います。私がそうでした。慌てて行った百貨店のワコールのお店。丁寧に対応していただき、マタニティ期~産後向けのブラを二つ購入しました。産後の胸の大きさは現在の2カップは大きくなる、とのことで2カップ上を購入しました。結論。マタニティ期はそれでよかったのです。しかし乳腺が発達すると胸が横にも大きくなります。マタニティ向けは横には大きくなかったので産後は小さくて使えませんでした。

産褥期~産後2か月のブラ -daccoのブラー

”dacco”というシリーズ名のハーフトップやショーツがあります。お世話になった産院が自販機でこれらを取り扱ってくれていました。入院中にハーフトップを1枚購入しとても気持ちよく使えたので、退院するときにもう一枚購入しました。産褥期と産後2か月くらいはこればかり使っていました。ワイヤーなしのパジャマのようなブラでとても楽です。使用するのは産褥期とそれ以降なら夜用という感じです。締め付け感がないのでとても楽なのです。そして価格が良心的。

 産後2か月以降のブラ -ワコールのリボンブラ

半期に一度のワコールの祭典へ行きました。ブラコーナーの販売員さんに「今お使いのブラ(daccoのハーフトップなどノンワイヤーブラ)は今なら夜向けのものです、昼間も使い続けるとお胸が下がっていきますよ」と指摘され、昼間用に適切な商品を紹介してもらいました。それが、ワコールのリボンブラというものでした。3/4カップというのがポイントです。(1/2だと胸がカップに収まらないと思います。それくらい授乳期の胸は大きいのです。)2着購入しました。旧モデルでしたが、紹介してもらったので安心して着用しています。クッションが付属でありますが、授乳期は授乳パッドを入れて使うこと。授乳が終われば胸のサイズも下がっていくため、そうなったらクッションを使ってね、とのことです。確かに、授乳も終盤を迎えるころになると乳腺も落ち着き、胸のサイズも落ち着いてきました。卒乳したらパッドの出番です。買い替える時もリボンブラがいいな…と思うこの頃です。

 

 いつからか着用のブラ -ワコール バーシングブラー

夜用にもワコールのハーフトップをいつからか着用しています。こちらもしっかりした作りで寿命が長く、おすすめです。

 

 

 

結論

マタニティ期に産後のことも考えてブラを選ぶのは難しい。産後のことは産後に考えるとして、ひとまずマタニティ期~産後2か月をゆる~りと過ごせるブラを探すべし。そしてやはりワコールなら間違いなし。少々値は張りますが、安心して使用できます。セール時期を狙うが良いかと。