わーままタイムズ(仮)

出産、授乳期のことなどをメインに、2歳児と4歳児との暮らしのことなど。

七五三の衣装レンタルや写真撮影に悩んだ末、七五三セット商品を選んだ感想

我が家の子供たちも数えで3歳と5歳になったので、今年は七五三でした。どうなることかと思っていましたが、無事にすべて終わることができほっとしています。我が家は関東出身と九州出身の夫婦なので「こうあるべき!」というしきたりにとらわれない生き方をしています。(基本的に故郷のやり方を覚えていないのと、現在の居住地のしきたりも分からないという、ただそれだけ。)なので、初節句や誕生日などはフリースタイルでお祝いしてきました。核家族&両家ともに祖父母が遠方のため、基本的に家族だけでお祝い。初宮参りと今回の七五三は夫の両親が来てくれました。祖父母が来てくれると子供たちが大喜びするので楽しいです。

七五三というと、衣装に小物、ヘアセット、写真撮影、移動手段、祈祷料、そのあとの過ごし方をどうするか。。。など決めることがたくさんあります。我が家の忘備録です。

 

 

貸衣装について

基本的に我が家は貸衣装です。実家から自分のお古を出してもらっても、縫い直しやらなんやらと手間暇がかかるそうだったので無理でした。また、レンタルするなら~と始めはネットで検索して借り先を探しておりましたが、実物を見ずに借りることにためらいがうまれ、結局は実現しませんでした。ネットでレンタルする場合、輸送にかかる時間も考えなきゃだし、安物じゃないそれなりの着物を求めるなら結局それなりの価格になります。その価格を実物を見ずに借りるのは危険だと思いました。また、小物類も割と高いです。小物、着物レンタルとなると思ったほど安くはありません。

 

写真撮影について

子供はスタジオ好きですが、私自身が今回は境内で撮影したい、もしくは出張カメラマンをつけてみようか…と思いました。ところが、出張カメラマンを調べてみると、最安で3万円。神社の近所のカメラマンですらその価格なので、その他追加するときっと高くなっていくことが想像できましたのであきらめました。残念です。写真関係ってなんであんなに高いのでしょうね。

 

親の服装について

”楽”を選んでスーツにしました。入学式を見込んでベージュのセットアップを購入しました。ベージュというだけで華やかですが、とてもシンプルなデザインでセレモニーには少し寂しかった印象です。ま、いいか。将来娘が7歳の七五三の時もこのスーツを着るつもりです。よそのお母さんは、黒スカートに黒タイツ、グレーのノーカラージャケットというすっきりしたスタイルで素敵な方がいました。ベージュじゃなくても素敵だな、というのが率直な感想です。

 

神社が提供するセット商品

結局は神社が提供するセット商品を申し込みました。貸衣装一式、ヘアセット、記念撮影、祝い菓子付き)。すべて1セットで価格が決まっていることが安心で、個人でバラバラに手配するよりはるかに安く済みました。記念撮影も、境内でやってもらえるとのことでしたのでそれも嬉しい点でした。希望した着物がちょっとお高かったり、両家に配る用の写真を追加したので追加料金は発生しましたが、写真スタジオで買うのと比べれば頭を悩ませる事も少なかったし、ずいぶんストレスフリーなイベントでよい思い出になりました。当日までにすることは貸衣装やさんで衣装を選ぶ、入金、それだけです。七五三に限らず成人式や初宮参りもラインナップがありました。

 

当日の様子

当日は、朝から美容室へ行き、子供たちの着付け、娘のヘアセット。その後神社へ行き祈祷の受付、境内の一角で写真撮影、そして祈祷へ。。。という流れでした。有名な神社なので人がどんどん増え、祈祷もずいぶん大人数でいっぺんにする、、、というものでした。子供たちも途中で疲れて落ち着きがなくなり、早々とお菓子の力をお借りして静かにさせていましたところ、主人から「神前でお菓子とか、気は確かか!?」みたいな白い目で見られましたが、、、そんなの知ったこっちゃないわ。子供が静かになればそれでいいのだ!おかげで子供はご機嫌で黙っててくれるし、退屈になったら寝てくれるし、ありがたやお菓子の力。よそのファミリーからもお菓子の音が聞こえてきたし、グミの匂いも漂ってきてたから、「神様>騒ぐ子供」ですよ、当たり前ですよ。騒いで人様に迷惑をかけることが一番怖いわ。(個人的な意見です)

七五三参りの後はちょっと遅めのおひるごはんに、祖父母も交えてホテルへお食事に行きました。お祝いなのでいつもより奮発したコースをいただき、良い思い出になりました。11月は七五三シーズンなのでどのホテルも予約が埋まってしまいますが、一休ドットコムなんかのサイトを介すると予約できることもあるので、諦めてはいけません。

 

まとめ

神社が提供する七五三パックのようなものがあるかもしれないから要チェック

貸衣装、写真をバラバラで手配するとお金がかかる

お母さんの服装は、ベージュでもグレーでも黒でも何でもよい

神前であっても、お菓子を使って子どもを静かにさせる人は意外といる

七五三後のお食事会、やって正解