共働きママと二人育児(仮)

奮闘中の育児ライフについて、本や趣味について。モットーは「怒らない、時間に余裕」。

断乳体験記

一人目の断乳について。

一人目の卒乳について悩むタイミングは大まかに3回ありました。

 

①4月の保育園入園前

世間の流れで「授乳は子のメンタル面で良い効果を持つ」と見直されていたので急いで断乳する理由がありませんでした。入園時期は情緒も不安定になるため避けることを進める助産師さんの話を聞いていたこともあり、保育園入園前後の断乳はしないことにしました。しかし、入園してみると、同じクラスの子たちはほぼ卒乳済でした。お母さんたちに話を聞くと4月の前に断乳したとのことでした。

 

②保育園入園後の8月頃(夜間授乳がしんどくなる時期)

仕事を復帰して数か月、昼間は仕事のためそろそろ熟睡したくなる時期。また、ごはんもよく食べ、歯も生えているので虫歯がとても心配でした。連休を利用して夫婦で断乳に取り組みました。しかしまだまだおっぱい大好きな息子、夜通し大泣きして、成功には至らず。その時は諦めました。息子が1歳2か月の頃でした。

→今でこそ思う、1歳2か月はまだまだ小さい。まだまだおっぱい大好きな時期だと。ただし歯磨きはきちんと。

 

③二人目出産前

妊娠期に授乳をするとおなかの赤ちゃんに障ると思い、産院の先生に相談してぎりぎりの妊娠5か月目に断乳に踏み切りました。今回は成功しました。息子1歳8か月。1か月前から「もうすぐおっぱいとバイバイだよ」と授乳の時に話をしていたらなんとなく理解ができたようでした。連休を利用し、一晩の2時間だけギャン泣きして怒って(悲しんで?)いましたがおんぶや抱っこで乗り切りました。翌日以降は大した抵抗もなく夜は布団でぐっすり寝てくれるようになりました。びっくり。

 

二人目のおかげで卒乳できました。しかし1歳8か月でもまだまだ幼子だな~。。。と二人目を見ていて思います。ちなみに二人目は1歳半の今も断乳の不安なく授乳生活中です。いつかはまた断乳を決行すると思いますが、正直辛いです。できたらしたくない。けど虫歯も怖い。。。子を持つ母親を悩ませる断乳にまつわる体験記でした。