育児と家事と趣味と読書(仮)

読んだ本を感想とともに紹介します。その他出産育児の経験談など。

育児中も気軽にウクレレを弾く

ウクレレはリビングに置いています。

隙があれば弾いています。

私が家事をしている間

子供たちの相手は主人がしてくれており、

家事がひと段落するとちょこちょこっと弾いています。

子供たちに注目されて囲まれると

弾けなくなるので

こそこそっと弾いています。

ウクレレの目的は

私の楽しみ、ただそれだけ。

それでも、

大きな古時計」「手のひらを太陽に」など、

子供が好きそう曲を弾いて一緒に歌ったりしています。

それも楽しいです。

 

保育園の年少以上のクラスでは

毎月の「お誕生日会」に

誕生日月の園児の保護者も参加し

出し物をしています。

来年からそれが始まるので

我が家では

ウクレレとリコーダーで何かしようよ」

と打診しています。

断られますけど。。。

 

雨の日の登園

雨の日の登園、とっても大変です。
子供が二人ですから。
楽しそうに登園しているよその子供を見ると、
なんでうちはこんななの?
と思うこともしばしば。
どんななのかといいますと、
玄関から車まで移動する間に自分の傘をさして
嬉しそうにゆっくりゆっくり歩く息子。
「もっと早く歩いてくれー!」
と心の中で叫んでいる私。
待っていられずに息子の背中に手を当てて少し早く歩かせたり、
息子の傘を引いて誘導したりする嫌な母親になっている。
時間に余裕があればせかすこともしないで済むのだろうけど、
雨の日は不思議と時間が無くなるのです。
晴れの日だって、テレビを消して「さあ行こう!」と声をかけてから
駐輪場を出発するまでに15分がたっていたりするのです。
15分ですよ!?
なんで!!??
理由は、靴を履かせたり、
外の廊下をゆっくり歩いたりする時間でした。
娘は常に私の背中におり、
そのため私も息子の対応に機敏に立ち振る舞えないです。
娘も日に日に力強くなっており嬉しい限りです。

保護者会ってなんですか?

子どもたちが通う保育園には保護者会というのがあります。
保護者会の中でいくつかの委員会があり、
園児の保護者は必ず何かの委員会に入ることが必須で、
我が家は今年は納涼委員になりました。
夏の納涼会を目指して企画、話合いなどを月一ペースの委員会で行います。
他に、バザー委員会、文化委員会、クラス委員会というのがあります。

昨年はそういったイベントを企画する委員会とは無縁だったので、
納涼会もバザーも文化的なイベントもお気楽に参加したけれど、
企画する側になってみると…緊張する。
一緒の委員になったお母さま方との交流も…緊張する。
けれど、気の合いそうなお母さま方を見つけて仲良くなるチャンスなので、
しのごの言わずに頑張ります。

ちょっとだけ、大嫌い

晩御飯のおかずを作っていたときのこと。
梅干しを使っていたので息子に
「梅干しを入れるよ〜おかあちゃん、梅干しだーいすき!」
と言ったら、
「ぼくもうめぼし…ちょっとだけ…だいきらい😁」
と言われた。
チョットだけ大嫌いって…かわいいんですけど。

ぜんぶたべたらおこる?

夜ご飯のデザートにキウイを切ってだしました。
爪楊枝で上手に食べる3歳の息子。
どんどん…どんどん食べるので
「たくさん食べるねぇ!」
と話しかけたら
「ぜんぶたべたらおこる?」
との返事。
「ぜんぶ食べたらお父さんお母さんの食べる分が無くなるでしょ。
お父さんお母さんの分は残しておいてね」
とだけ言った。

息子が食べ終わったあと、
お皿に残ったのは大きめの2切れだけだったのでした。

大好きだよ

朝の保育園。
息子の準備を済ませて一緒に園庭に出て、
バイバイしたら次は娘の準備のために娘のクラスへ移動する。
娘の準備が整ったら娘と園庭に出て、
先生に預けたら門をでるという流れ。
このところ息子は少し寂しそうで、
娘の支度から出てきた私を待ち、
門が見える廊下まで見送りしてくれる。
そして小声でつぶやくのです。
「だいすきだよ。ぎゅってする」
と。
彼なりに我慢して、
頑張ってバイバイしてくれているのが伝わってくる。
私としても、
しんみりしてしまうのでした。

授乳服は数枚あればなんとかなる、それより前開きボタン服とサロペットがオススメ

妊娠中に普通服が苦しくなり、必要最小限のマタニティ兼授乳服を買いました。

どんな授乳服が便利なのか当時はたくさん調べたので、私も経験談を語ります。

 

 産前産後に購入した授乳服

最も重宝したヘビロテ普段着→→→ジャンパースカート(授乳口つき)…1着

ヘビロテ下着→→→授乳口つきタンクトップ…3着、授乳ができるブラ…3着

宮参り用→→ベージュのシンプルワンピース(授乳口つき)

その他

リメイク→→ユニクロの安いエプロンワンピの脇を切り込みジッパーを縫い付ける

普通服→→マタニティ用ではない普通の前ボタンのシャツ、サロペット

普通下着→→ユニクロのキャミソールも首元を引っ張れば授乳可能。ヘビロテしました。

 

ジャンパースカート…

「古臭くない?」とはじめは思っていたけど、フロントをジッパーで開閉できる仕様(授乳可能)で腰ひもでウエストを調整でき、今どきのカジュアルテイストのデザインだったので重宝した。メーカーは通販の「ミルクティー」

ベージュのワンピ…

産後の宮参りはそこそこフォーマル服が必須で、私ももちろんそのつもりだった。かつて使っていた普通の「そこそこフォーマルワンピ」では授乳の時に困る。産後1~2か月の赤ちゃんはとにかく泣く(暑くて泣くし、寒くても泣く、空腹でも泣くし、満腹過ぎても泣くのだ)ので、そのたびにおむつチェックや授乳をするとなると授乳口のないワンピは避けたほうが良い。上下セパレートでもいいが、産後のウエストが太いままの時期はやっぱりワンピースが楽だと思う。写真撮影の時もこれでOK(それ以降に使うことはありませんでしたが…)

普段着用にニットの授乳服…

当時、季節は冬だった。素材がアクリルだったのですぐに毛玉が発生。ニットの中に重ねて着る裾にフリルがあしらわれたタンクトップもついていたけど、基本的に裾がひらひらしていて、冬だったのでおなかを冷しやすくあまり着れなかった。ただの無駄遣いだった。

 

授乳服以外の服での乗り切り方

前ボタンシャツとサロペットの活用

私はとことんサロペットを活用した。外出にはサロペット2着を着まわして、+前ボタンシャツとの重ねでばっちり。前ボタンを上からいくつか外して、サロペットの肩ひもをずらし、インナーを下にずらせば授乳可能。サロペットはぴっちりしたデザインではなくウエストに若干のゆとりがあり、トロミ素材のものをセレクトすれば体のラインも拾わず気楽でいられるし大人っぽい。産後の体形が戻った後も着られるし。赤ちゃんと外出する場所はやはり授乳室のある施設が多くなる。イオンモールやデパート、アウトレットなど。授乳室のあるスーパーもリサーチすると良い。あかちゃん休憩室があると安心してお出かけできる。そして授乳室はだいたい個室になっているので授乳ケープは必要ない。(誰も見ていないので胸が出ても大丈夫、安心して授乳できる)なので、授乳服を着ていなくても何とかなるもの。ちなみにサロペットの可愛さに魅せられ、その後もずーっとサロペットを愛用するようになった。

 

 リメイクしても良し

裁縫が好きなので、ユニクロでみつけたエプロンワンピを授乳服にリメイクした。脇の合わせを解き、コンシールファスナーを取り付けただけの簡単なもの。ぱっと見は普通のワンピースだけど授乳の時はファスナーを開けて授乳できる仕様。レギンスやタイツと合わせるとお気楽ファッションになる。百貨店へ行く時や出勤時でなければこれくらいラフでOK!

 

おまけ

マタニティ時期にパンツも購入してました。無印良品の黒のストレッチパンツと色違いの茶色。マタニティ用です。こちらも2着をヘビロテで乗り切りました。授乳服って一時的なものだからたくさん買うと出費がもったいない。なので私はミニマムにして使い倒す派です。